FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2021/031234567891011121314151617181920212223242526272829302021/05

菅谷館跡。[埼玉県比企郡嵐山町]

埼玉県嵐山町です。
「埼玉県立嵐山史跡の博物館」は「菅谷館跡」の一画に建っていますから、
建物を出ればすぐ側に遺構が見られます。
ここは駐車場の出入り口のところ。


=== 案内板より ===
喰い違い虎口(伝搦手門跡)
城への入口や城内の郭への入口を虎口と呼びます。
菅谷館跡の城内への入口は、二重土塁の内側の土塁を前後に3mほどずらした
「喰い違い虎口(くいちがいこぐち)」になっていて、外部からの侵入に備えています。
云々。。。


ではでは参りましょう。



菅谷館跡。[埼玉県比企郡嵐山町]

===
三ノ郭(さんのくるわ)
城跡北側の喰い違い虎口を入ると、東西に広がる平場があります。
江戸時代後期から三ノ郭と呼ばれています。
面積や位置から、武士や騎馬の集合場所として利用されたと考えられます。
云々。。。



菅谷館跡。[埼玉県比企郡嵐山町]

===
蔀土塁(しとみどるい)
堀に面した虎口の内側にある小さな土塁は、
西ノ郭から三ノ郭内の様子を見通せないようにするものです。
平安時代の邸宅で使用された風雨や日光を遮る道具の蔀(しとみ)
の名前からとって、視線を遮る土塁を「蔀土塁」と呼んでいます。
云々。。。



菅谷館跡。[埼玉県比企郡嵐山町]

===
正坫門と木橋
ここは、三ノ郭の出入り口で正坫門とよばれ幅が約5間(9メートル)あります。
発掘調査の結果、西ノ郭より約1メートル高く盛土していたことがわかりました。
この盛土は、西ノ郭へ渡した木橋に傾斜をつけ、
敵軍の侵入が困難となるよう工夫したものと思われます。
調査によって堀の中段から、
木橋の橋脚を立てたと考えられる石積みが検出されましたが、
現在ある橋はそれをもとに推定復元したものです。
しかし、実際の橋がどのようなものであったかは、わかっておりません。
云々。。。



菅谷館跡。[埼玉県比企郡嵐山町]

「西ノ郭」。



[菅谷館跡。[埼玉県比企郡嵐山町]]の続きを読む
埼玉県立嵐山史跡の博物館。[埼玉県比企郡]

埼玉県の嵐山町です。
埼玉県立嵐山史跡の博物館」にやって参りました。
菅谷館跡の一画に建てられた博物館です。


=== 案内板より ===
菅谷館跡
比企郡嵐山町大字菅谷に所在する多郭式の平城で、
鎌倉街道に面する台地の縁に築かれています。
鎌倉時代のはじめ、北武蔵の有力豪族畠山重忠(はたけやましげただ)
の居館になったと伝えられていますが、
重忠の死後は、わずかな文献に名を記されるだけです。
この館は、その後数度にわたる郭の拡張を経て、
戦国時代には、現在の姿に整えられたものと考えられます。
1973年(昭和48)、武蔵武士の館に起源をもつ中世城郭の遺跡として、
国の史跡に指定されました。
云々。。。



埼玉県立嵐山史跡の博物館。[埼玉県比企郡]

===
畠山重忠
畠山重忠は、1164年(長寛2)大里郡川本町の畠山に生まれました。
父は畠山重能、母は相模の三浦義明の娘です。
1180年(治承4)、源頼朝が挙兵すると、まもなく頼朝に仕え、
鎌倉入りや富士川の合戦では先陣をつとめ、
宇治川や一の谷の合戦などで活躍しました。
頼朝の死後も、御家人として幕府を支えましたが、
1205年(元久2)、幕府内部の勢力争いにまき込まれ、
二俣川(横浜市旭区)で非業の死を遂げました。
云々。。。


そうなんです、この方、畠山重忠さん。
鎌倉時代初期の武将です。

以前訪れた「妻沼聖天山」を創建したと云う斉藤実盛さん。
斎藤さんをチェックしたいたら出てきた畠山氏。
そんな繋がりを追って来たみた博物館です。



埼玉県立嵐山史跡の博物館。[埼玉県比企郡]

===
畠山重忠の墓と伝える五輪塔
この五輪塔は重忠が再興したといわれる満福寺(深谷市畠山)に一度移され、
後に現在の場所に戻されたといいます。
塔の下から蔵骨器(骨壺)が発見されました。
云々。。。



埼玉県立嵐山史跡の博物館。[埼玉県比企郡]

菅谷館エリアの資料の展示。
「秩父氏の本拠・嵐山町」と「大蔵館跡周辺の字名」の解説。



[埼玉県立嵐山史跡の博物館。[埼玉県比企郡]]の続きを読む
宮塚古墳。[埼玉県熊谷市]

熊谷駅からずっと西へ。
新幹線の高架沿いをたどった畑の中。

あそこに見えるのが、そう、「宮塚古墳」であります。



宮塚古墳。[埼玉県熊谷市]

なぜこの古墳が見たかったかと言うと、
それは、こちら。


=== 案内板より ===
国指定史跡 宮塚古墳
宮塚古墳の墳形は、方台の上に円形の墳丘がのる形状で、
上円下方墳と呼ばれ、ほぼ完全な形で保存されている。
全国的に類例が少ない墳形で、貴重なものである。



宮塚古墳。[埼玉県熊谷市]

下方部は、東辺約17メートル・西辺約24メートル・高さ約2メートルである。
上円部は中央からやや北寄りに築造されており、
直径約10メートル・短径約8メートル・高さ約2.15メートルである。
この上円部には、盛土が崩れないための補強、
または装飾を兼ねた葺石が置かれている。
築造年代は、古墳時代終末期(7世紀末)と推定されている。
なお、この古墳は山王塚やお供え塚と呼ばれていた。
云々。。。



[宮塚古墳。[埼玉県熊谷市]]の続きを読む
斎藤氏館跡実盛塚。[熊谷市]

妻沼聖天山から407号を南下です。
福川の土手沿いに石碑があります。
斎藤氏館跡実盛塚」です。



斎藤氏館跡実盛塚。[熊谷市]

=== 案内板より ===
熊谷市指定文化財
一、種別 史跡
一、名称 斎藤氏館跡実盛塚
一、指定年月日 昭和52年9月13日
福川の河川改修等により形状が変わっているが
古代長井庄の中心的な位置にあたり水堀の跡や出土品のほか、
古くから「この辺、堀内という所は長井庄の首邑にて実盛の邸跡なり」
との伝承や、長昌寺の椎樹にまつわる口碑その他史実などからして
大正15年3月埼玉県指定史蹟「斎藤実盛館跡実盛塚」として指定されたが、
何時の日か誤って「史蹟実盛碑」となったため昭和38年に県指定史蹟を解除された。
中央に残る板碑は、実盛の孫である長井馬入道実家が死去し
その子某が建てた供養塔である。
云々。。。



斎藤氏館跡実盛塚。[熊谷市]

斎藤実盛さんの館跡と伝わる場所です。
実盛さんに興味アリアリです♪
後で掘り下げてみたいですネ。

土手の上にあがって、福川~☆



以前の記事はこちらから。
妻沼聖天山、その2。[埼玉県熊谷市]

【斎藤氏館跡実盛塚】
@埼玉県熊谷市西野

妻沼聖天山。[埼玉県熊谷市]

===
聖天さま由来
妻沼聖天山は斎藤別当実盛が、当地の庄司として、
先祖伝来のご本尊聖天さまを治承3年(1179年)にお祀りしたのに創まる。



妻沼聖天山。[埼玉県熊谷市]

実盛公は平家物語、源平盛衰記や謡曲実盛、歌舞伎実盛物語などに、
武勇に優れ、義理人情に厚い人柄が称えられている。
次いで実盛公の次男斎藤六実長が出家して阿請房良応となり、
建久2年(1197年)に本坊の歓喜院を開創した。



妻沼聖天山。[埼玉県熊谷市]

御本尊聖天さまは、正しくは大聖歓喜天と称せられ、
弘法大師が唐より密教とともに仏法の守護神として請来されたから、
日本でも祀られ、福運厄除の神として信仰されている。



妻沼聖天山。[埼玉県熊谷市]

妻沼聖天山。[埼玉県熊谷市]

妻沼聖天さまの御本尊は由緒の正しさでは日本最古の聖天尊像として知られ、
特に縁結びの霊験あらたかで、夫婦の縁はもちろんのこと、
家内安全・商売繫盛・厄除け開運・交通安全・学業進学などの
あらゆる良縁を結んでいただけるので、祈願を篭める人々が後を絶たない。
御本尊は錫杖の中央に祀られているので御正体錫杖頭として
国指定重要文化財であるが、秘仏である。
云々。。。


[妻沼聖天山、その2。[埼玉県熊谷市]]の続きを読む