FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2021/031234567891011121314151617181920212223242526272829302021/05

貫前神社。[富岡市]
1811nukisaki-2.jpg

久しぶりにやって参りました「貫前神社 nukisaki-jinja」です。
延期式内社、上野国一宮であります。
in 富岡市。

駐車場から「鳥居」までの階段を上りると、


1811nukisaki-3.jpg

「総門」が現れます。


1811nukisaki-4.jpg

総門の前にあるのがこちらの「唐銅製燈籠」です。


=== 案内板より ===
貫前神社 唐銅製燈籠(からがねせいとうろう)
高さ約395センチの一対の銅製灯籠で、慶応元年(1865年)製作、
慶応2年にここに建てられた。
灯籠の基礎部と竿部の間に、灯籠建立の際の献納者名・
住居地・献納額が2段に刻まれている。
献納者の人数は合計で1544名、献納額は総額4790両にのぼり、
地元の多数の養蚕農家を初め、上州・江戸・横浜の生糸・絹商人らが献納している。
本県をはじめ、周辺各地における養蚕・製糸業の繁栄興隆と、
これに携わる人々の祈念を明確に示す資料として重要であり、
7年後に開業した官営富岡製糸場の先駆的記念碑ともいえる重要な文化財である。
云々。。。


1811nukisaki-5.jpg 1811nukisaki-6.jpg

総門前の「狛犬」クン。


1811nukisaki-7.jpg

総門をくぐると階段を下った先に社殿があります。
珍しい〝下り参道〟であります★


=== 案内板より ===
一之宮貫前神社(ぬきさき神社) 上野国一之宮
御祭神
経津主神・ふつぬしのかみ 建国の功神 武神 物部氏祖神
姫大神・ひめおおかみ 御名不詳 当地方の守護神 養蚕機織の神

御創建
今より千四百余年前、安閑天皇元年(西暦531)に
物部姓磯部氏により蓬ヶ丘菖蒲谷に祀られる

御社殿
徳川三代将軍家光公による寛永12年(西暦1635)の造営
総漆塗極彩色の建造物で本殿・拝殿・楼門は国指定重要文化財

境内
北斜面の森を含め約2万6千坪
社殿の他に経蔵・三重塔跡等、神仏習合時代の仏教遺跡が残存

祭儀
古式の特殊神事等数多く年間71度の神事あり
云々。。。


[貫前神社。December.2018 [富岡市]]の続きを読む
群馬サファリパーク。その22

群馬サファリパークであります♪
園内にある「レストラン サバンナ」。

ランチタイム。こちらでいただいたのが、
インドネシアの代表的な盛り合わせ料理「ナシチャンプル」。
いろいろなおかずが乗ったご飯ですねー★


群馬サファリパーク。その23

「カリ・サユゥル」は野菜カレー。


群馬サファリパーク。その24

「カドカド」温野菜のサラダ。

ちょっと左に切れてしまった「アチャーム」、
ニンジンとキュウリの甘酢漬。

「ヤムウンセン」ビーフンのレモン風味サラダ。


[群馬サファリパーク。Vol.2 [富岡市]]の続きを読む
群馬サファリパーク。その1

前回行った動物園が意外に面白くて。
またまたやって参りました★
群馬サファリパーク」ですっ。 in 富岡市♪
キタ~ッ。


群馬サファリパーク。その2

自然に近い状態で飼育された動物たちを
間近に観ることができる優れモノ。
自家用車でも入れますが、今回はサファリバスをチョイス。
さぁ、行ってみよ~。

群馬サファリパーク。その3 群馬サファリパーク。その4 群馬サファリパーク。その5
(写真はクリックで大きくなります。)

キリンシロサイシロサイのおしり(笑

バスの運転手さんが、動物のことをいろいろと教えてくれます。
体の色が白っぽいからでは無くて「幅が広い」という意味の〝Wide〟を
〝White〟と聞き間違えたことから名づけられてしまった「シロサイ」。


群馬サファリパーク。その6

とても綺麗な縞模様のシマウマ


群馬サファリパーク。その7

スイギュウ
大きな体の動物に歓声を上げる子供たち。

群馬サファリパーク。その8 群馬サファリパーク。その9

アメリカバイソンツキノワグマ


[群馬サファリパーク。Vol.1 [富岡市]]の続きを読む
群馬県立自然史博物館。その20

群馬県立自然史博物館」です。
当日開催されていた企画展「深海の生物」もヒジョーに面白かったのですが、
常設してある展示コーナーもなかなかな面白さっ。

群馬県立自然史博物館。その21 群馬県立自然史博物館。その22
(写真はクリックで大きくなります。)

宇宙、地球から始まり、
生物の誕生~、までテーマごとに分類されています。
〝崖の上のポニョ〟に出てきたようなのが。。。

群馬県立自然史博物館。その23 群馬県立自然史博物館。その24 群馬県立自然史博物館。その25

大昔の古代生物。植物だか動物だかわからないものから
巨大な虫みたいなものや、魚の先祖、ワニみたいなものまで。

群馬県立自然史博物館。その26

発掘現場の再現。
天井がガラス張りになっていて真上から観ることができますが、
1歩も踏み出すことが出来ませんでしたっ(汗、、、


群馬県立自然史博物館。その27

お馴染み〝ティランノサウルス〟。
かなりの迫力です。コレ、時々動きます。


群馬県立自然史博物館。その28

ドデカな恐竜の足の骨格。
人の大きさと比べると。。。
これじゃあ人間なんて、ひと飲みだなぁ。

群馬県立自然史博物館。その29 群馬県立自然史博物館。その30 群馬県立自然史博物館。その31

クジラとカバの祖先の化石。とその模型。
クジラってカバに一番近い種類なんですってー。
知らなかった?!


[群馬県立自然史博物館 Gunma Museum Of Natural History。その2 [富岡市]]の続きを読む
群馬県立自然史博物館。その1

群馬県立自然史博物館」です。
偶然にも立ち寄ったこの日、「深海の生物」と題された
企画展が開催されていました!
深海ですョ~。興味アリアリ♪
by 富岡市。


群馬県立自然史博物館。その2

入り口正面に展示されていた「リュウグウノツカイ」。
深海のイメージって、やっぱりこの魚でしょうか?!

=== 案内より ===
リュウグウノツカイ
リュウグウノツカイは大きな個体では体長が5.5mにも達する魚類です。
体は銀色でとても細長く、朱色の背鰭が特徴的で、前方の背鰭は
とても長く伸びています。
彼らの生態はよくわかっていませんが、深海では頭を上にして、
立った状態で泳いでいると考えられています。
云々。。。


群馬県立自然史博物館。その4

巨大なダンゴムシみたいのは「ダイオウグソクムシ」。
50cm以上ある?!


群馬県立自然史博物館。その5

「深海ザメ」の仲間や、
中生代にサメ類から分かれて進化した「エイ」の仲間。


群馬県立自然史博物館。その6

水深200mよりも深い外洋に生息している魚を
「深海魚」と呼ぶそうです。

深海という特殊な環境に対応して、目が発達していたり、光を出すものがいたりと、
一見風変わりな特徴を。。。と、案内されていましたが、やっぱり変な形!
見た目のインパクトの凄い魚が揃っています~。


[群馬県立自然史博物館 Gunma Museum Of Natural History。その1 [富岡市]]の続きを読む