FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2021/031234567891011121314151617181920212223242526272829302021/05

山梨県甲州市・レストラン「風」。その11

山梨県甲州市・レストラン「風」。その1

今回少しだけの史跡散策。笛吹市、甲州市と
見所満載のこのエリアは、時間がいくらあっても足りません(汗、、、

というわけでチョット遅めのランチタイムです。
レストラン 風」さんにお邪魔しました。


山梨県甲州市・レストラン「風」。その2

ぶどう畑が一望出来る最高のロケーション。
さぁさぁ、地元・勝沼町のワインを楽しもう♪


山梨県甲州市・レストラン「風」。その3

スパークリングワイン「ブリリャンテ」から始まり、
「甲州ヌーボー」「クラレーザ」と続きます★

「大根のスープ」は一瞬あっさりと感じますが、
ワインとの相性が抜群っ!
いただく程に、その繊細さに感動してしまうのです。


山梨県甲州市・レストラン「風」。その10

そしてお目当ての「和牛ローストビーフ」。
好きなんです、これ。


[レストラン 風。[山梨県甲州市]]の続きを読む
山梨県立博物館。

甲斐国分尼寺」に立ち寄った後、
山梨県立博物館」にやって参りました。


山梨県立博物館。

ちょうどこの日は、企画展「山梨の名宝」の開催期間中。
(H25.10.19~12.2)

〝鋳物師屋遺跡 円錐形土偶〟〝久遠寺 夏景山水図〟などなど。
普段なかなかお目にかかれないお宝を
拝見することが出来ました★


[山梨県立博物館。[山梨県笛吹市]]の続きを読む
甲斐国分尼寺跡。[山梨県笛吹市]

山梨県笛吹市です。
「甲斐国分寺跡」「石船神社」に続いてやって来たのは、
甲斐国分尼寺跡」。
古代、国分寺とセットで建てられた尼寺です。


=== 案内板より ===
甲斐国分尼寺跡
天平13年(741)、聖武天皇は全国に国分寺と国分尼寺を建てるように
命じました。国分尼寺は女性のためのお寺で、聖武天皇の后であった
光明皇后の希望により建てられました。
皇后は深く仏教を信仰しており、東大寺の大仏や全国の国分寺・
国分尼寺の建設は皇后が天皇に勧めたものであると伝わっています。


甲斐国分尼寺跡。[山梨県笛吹市]

甲斐国分尼寺跡は、甲斐国分寺跡の北側にあります。
発掘調査の結果築地塀と溝に囲まれた約180メートル四方の範囲であったことが
わかりました。寺跡の中には南門・中門・回廊・金堂・講堂・尼房などの
建物があったと推定されていますが、金堂と講堂以外は
まだ確認されていないため詳細は不明です。塔は建てられませんでした。


甲斐国分尼寺跡。[山梨県笛吹市]

寺跡の周りでは多数の竪穴住居跡群が見つかり、「法寺」「花寺」
などの文字が書かれた土器が出土しました。これらは国分尼寺の正式名称である
「法華滅罪之寺」を省略したものです。
こうした竪穴住居跡には国分尼寺建設のために働きに来た人たちが
住んでいたものと考えられています。
云々。。。


[甲斐国分尼寺跡。[山梨県笛吹市]]の続きを読む
山梨県笛吹市・石船神社。その1

「甲斐国分寺跡」のすぐ近くにあります。
石船神社」にやって参りました★


山梨県笛吹市・石船神社。その2

国分寺跡を地図で検索した時、近くにあったこの神社さん。
ナニゲにその社号(神社の名前)が気になりました。


山梨県笛吹市・石船神社。その3

〝石船〟〝岩船〟〝磐船〟etc。。。

木で出来た案内板は古くて読むことが出来ませんでしたが、
調べて見ると、こちらの御祭神は、
高寵神、闇淤加美神の2神であると云います。


[石船神社。[山梨県笛吹市]]の続きを読む
中央自動車道「釈迦堂PA」の次、「一宮御坂IC」からほどなく。
甲斐国分寺跡」にやって参りました!
この辺りは、お隣の甲州市も含めて、
ヒジョーに遺跡・史跡の多いエリアで、前からチェックしていたのですっ。


甲斐国分寺跡。その5

=== 案内板より ===
甲斐国分寺跡
甲斐国分寺跡は南北330メートル、東西225メートルの築地塀と
溝に囲まれた範囲に広がっていました。
寺の正面は南側で、正門である南門から入ると中門と回廊に囲まれた
宗教的な空間があります。
回廊奥の建物は国分寺の中心である金堂で、本尊の釈迦如来を
安置していました。


甲斐国分寺跡。その7

回廊内の東端には国分寺のシンボルと言える塔が建てられました。
金堂の北側には経典の購読をする講堂、さらに僧侶たちの宿舎である
僧房が続き、金堂・講堂の両脇には鐘楼・経楼があったと
推定されています。
塔及び講堂跡等に礎石が現存し、当時の壮大な伽藍をしのぶことが
できます。


甲斐国分寺跡。その6

寺伝によると古代の国分寺は建長7年(1255)に焼失し
戦国時代に武田信玄によって再建されました。
現在は史跡保存のため約200メートル南に移転しています。
云々。。。


[甲斐国分寺跡。[山梨県笛吹市]]の続きを読む