FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2021/031234567891011121314151617181920212223242526272829302021/05

山王寺大桝塚古墳。[栃木市]

栃木市にある「山王寺大桝塚古墳」にやって参りました。

こちらの古墳は前方後方墳です。
鍵穴の形をした後円墳ではなくて、
四角いのが2つくっついた後方墳です。



山王寺大桝塚古墳。[栃木市]

=== 案内板より ===
三王寺大桝塚古墳
(1)規模 全長96m、後方部幅48m、前方部長さ48m
(2)主体部 粘土槨、土壙
古墳は、巴波川右岸の低地に築かれた比較的大規模な前方後方墳です。
前方部を西に向け、スマートな形をしています。



山王寺大桝塚古墳。[栃木市]

昭和50年の調査の結果、後方部のほぼ中央に古墳の主軸に沿って
粘土槨とその南側から土壙が発見されました。
粘土槨は粘土と小石混じりの砂によって造られ、
木棺を安置したと考えられています。
粘土槨からは、鏡1・太刀1・槍鉋2・鉄剣3・鉄斧2・銅鏃28・鉄鏃2・靫1・ガラス小玉が、
粘土槨北側からは土師器の坩1・鉄剣2・鎌1・鉄鏃1・刀子1が、
土壙からも、鉄製品と管玉などが出土しています。



[山王寺大桝塚古墳。[栃木市]]の続きを読む
山田家。[栃木市]

とても良い天気です。
遠くの方まで良く見えます。
太平山からの風景。


神社さんでお参りした後は、
山田家」さんでお茶していこう。


山田家。[栃木市] 山田家。[栃木市]
(写真はクリックで大きくなります。)

「だんご」と「玉子焼」、



[山田家。April. 2020 [栃木市]]の続きを読む
太平山神社。[栃木市]

栃木市にある「太平山神社」です。

一昨日、緊急事態宣言が発令されました。



太平山神社。[栃木市]

今日は少しばかりの気分転換も兼ねて
神社さんにお参りに行って来ました。


太平山神社。[栃木市] 太平山神社。[栃木市]

「狛犬」クン。


=== 案内板より ===
太平山神社(おおひらさんしんじゃ)
関東十勝地のひとつ太平山は標高343mあり、
山頂近くの謙信平からの眺めはすばらしく「陸の松島」と言われています。
また太平山神社は平安初期慈覚大師により
創建されたと伝えられています。
云々。。。



[太平山神社。April. 2020 [栃木市]]の続きを読む
おおひら歴史民俗資料館。[栃木市]

栃木市にある「おおひら歴史民俗資料館」です。



おおひら歴史民俗資料館。[栃木市]

こちらの博物館には、古墳時代の大きな木棺が展示されています。

七廻り鏡塚古墳から出土した。。。、とありますが、
すでに消滅してしまった古墳かな?。。。



おおひら歴史民俗資料館。[栃木市]

おぉ~、これだぁ。


=== 案内板より ===
七廻り鏡塚古墳について
栃木県の南西辺を占める足尾山地の南東裾部にあたる、
大平町大字西山田字向堀にあった8基の古墳群(通称『七廻り古墳群』)
の主墳とみられる円墳である。

東西南の三方を丘陵で囲まれたコ字形の沖積地に面し、
東側の中山丘陵裾部に位置する当古墳は、
古くから弓削道鏡の息子とされる英親王(はなぶさしんのう)にまつわる伝説や、
英子内親王にまつわる伝説があり、英塚とも呼ばれていた。
また、七廻り鏡塚の七廻りという名称は、
鏡塚を中心にしてまとまっている七廻り古墳群を、
七回めぐって歩くと願いごとがかなうなどという伝説に基ずくものであり、
鏡塚の鏡とは、地形が柄鏡に似ているので付けられたものであるともいう。

いずれにせよ、古墳時代(6世紀中頃)、
この地域において栄華を誇ったであろう地方豪族の長の墳墓であることは、
まぎれもない事実である。
云々。。。



[おおひら歴史民俗資料館。[栃木市]]の続きを読む
うずまの鯉のぼり。[栃木市]

栃木市の街中を流れる「巴波川」。
うずまの鯉のぼり」です。


うずまの鯉のぼり。[栃木市]



うずまの鯉のぼり。[栃木市]

5月10日(金)まで開催。



以前の栃木市はこちらから。
蔵の街、巴波川 その1  ★栃木市
真名子そば。[栃木市]
以前の鯉のぼりはこちらから。
鶴生田川のコイノボリ。[館林市]

【倭町、幸来橋周辺】
@栃木県栃木市倭町