FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2021/031234567891011121314151617181920212223242526272829302021/05

出町地蔵尊。[熊本県人吉市]

朝です。
ホテルのすぐ側を流れる球磨川。
まだ人が出てこない時間。静かな風景です。


出町地蔵尊。[熊本県人吉市]

そして、
こちらのホテルの正面には、小さなお堂が建っています。
出町地蔵尊」です。


=== 案内板より ===
出町地蔵尊
出町は人吉の城下町から山田川を渡った場所にできた町です。
地蔵堂内部には明暦3年(1657)に造られた
石製の地蔵尊立像がまつられていて、「庚申石造」と彫られているので
庚申信仰の対象となった石像であることがわかります。


[出町地蔵尊。[熊本県人吉市]]の続きを読む
ラーメン竜。[熊本県人吉市]

熊本県人吉市です。
遅くまでやっているラーメン屋さん、
ラーメン竜」さんにお邪魔してます。


ラーメン竜。[熊本県人吉市]

飲んだ後の上がりのラーメン。
ここのお店もずいぶん前にお邪魔したことがあります。
同じく出張の時だったですねー。

先ずはビール、それから「餃子」をお願いしました。


ラーメン竜。[熊本県人吉市]

「チャーシュー」と「もやし」をオツマミに。


[ラーメン竜。[熊本県人吉市]]の続きを読む
球磨焼酎と球磨の食 開。kai [熊本県人吉市

人吉市の夜です。
城跡の近くにある郷土料理のお店にお邪魔しています★
球磨焼酎と球磨の食 開 kai」さん。


球磨焼酎と球磨の食 開。kai [熊本県人吉市

地元、熊本の本格焼酎をすべて揃えているという、
飲んベエの方々にはたまらないお店であります。

人吉は米焼酎の本場。
〝球磨(くま)焼酎〟と呼ばれる産地呼称の認められたお酒の発祥の地です。
(ウイスキーで言えばスコッチ、ブランデーのコニャック、
ワインのボルドーと同じく、世界基準で決められる地域の呼称認定。)


もちろん、球磨焼酎のお湯割りからスタート!


球磨焼酎と球磨の食 開。kai [熊本県人吉市 球磨焼酎と球磨の食 開。kai [熊本県人吉市

めちゃめちゃ美味しい「だし巻き」。
使っている卵は、地元の養鶏業者さんのものだそうです。


球磨焼酎と球磨の食 開。kai [熊本県人吉市

お通しならぬ「お酒のアテ 3点セット」。


球磨焼酎と球磨の食 開。kai [熊本県人吉市

とろけるような口当たりの「馬刺し」と、


球磨焼酎と球磨の食 開。kai [熊本県人吉市

揚げたての「辛子れんこん」。
辛子れんこんて、こんなに美味しかったのー?と、
ちょっと感動♪


[球磨焼酎と球磨の食 開。kai [熊本県人吉市]]の続きを読む
人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

熊本県「人吉城跡」です。
なかなかな広さを誇るお城の跡。
所々に残る石垣からも巨大な砦であったことが伺えます★


=== 案内板より ===
二の丸跡
戦国時代までの人吉城は、東南の上原城を本城とする山城であり、
この場所は「内城」と呼ばれる婦女子の生活する地区であった。
天正17年(1589)、第20代長毎(ながつね)によって近世城としての築城が始まると、
本丸や二の丸の場所となり、慶長6年(1601)には石垣が完成している。

二の丸は、江戸時代の初め「本城(本丸)」と呼ばれているように、
城主の住む御殿が建てられた人吉城の中心となる場所である。
周囲の石垣上には瓦を張りつけた土塀が立ち、北東部の枡形には
櫓門式の「中の御門」(2.5間×9.5間)があり、見張りのための番所が置かれた。
また北辺には御殿から三の丸へ下る「埋御門」が土塀の下に作られ、
この他に「十三間蔵」(2間×13間)や井戸があった。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

三の丸は二の丸の北・西部に広がる曲輪で、西方に於津賀社と2棟の「塩蔵」
(2.5間×6~7間)を、東の「中の御門」近くに井戸と長屋を配置するだけで、
大きな広場が確保されている。
その周囲には当初から石垣は作られずに、自然の崖を城壁としており、
「竹茂かり垣」と呼ばれる竹を植えた垣(かき)で防御している。
これは、人吉城がシラス台地に築かれているため、
崖の崩壊を防ぐ目的もあった。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

二の丸御殿
享保4年(1719)の「高城二ノ丸御指図」によれば、
御殿は北側を正面とするように配置され、「御広間」(4間×9間)・
「御金ノ間」(6間四方)・「御次ノ間」(4間×6間)の接客・儀式用の表向建物と
「奥方御居間」(3間×8間)・「御上台所」(3間×9間)・「下台所」(5間×8間)の
奥向の建物の合計6棟からなる。
これらの建物は、すべて板葺きの建物で、交互に廊下や小部屋でつながり、
建物の間には中庭が作られている。
この内、「御金ノ間」は襖などに金箔が張られていた書院造の建物で、
城主が生活・接客する御殿の中心となる建物である。
云々。。。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

二の丸エリアより、この石段を上がっていった所に
本丸があります。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

===
本丸跡
本丸は、はじめ「高御城」と呼ばれていた。
地形的には天守台に相当するが、天守閣は建てられず、寛永3年(1626)に
護摩堂が建てられ、その他に御先祖堂や時を知らせる太鼓屋、山伏番所があった。
礎石群は、板葺きで4間四方の二階建ての護摩堂跡である。

中世には「繊月石」を祀る場所であったように、主として
宗教的空間として利用されていることに特色がある。
云々。。。



[人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]]の続きを読む
人吉城跡。[熊本県人吉市]

前回に続いて「人吉城跡」です。
石垣(東)を背にして、相良護国神社のある御館方面(西)を見る。

広~いです。


人吉城跡。[熊本県人吉市]

人吉城跡。[熊本県人吉市]

所々残っている石垣からは、
巨大な要塞があったのだろうと想像できます。


人吉城跡。[熊本県人吉市]

こちらは「於津賀(おつが)社跡」。


=== 案内板より ===
於津賀社跡
初代相良長頼の入国前の人吉城主であった平氏の代官の
矢瀬主馬祐(やぜしゅめのすけ)を祀る霊社跡である。
第2代頼親が建立し、初めの頃御墓(塚)大明神という。
文明16年(1484)に再興され、元和年中(1620年頃)に於津賀と改め、
寛永7年(1630)に造替された。
社殿は南向きで、板葺きの御殿(神殿)と添殿(拝殿)の2棟があり、
現在その礎石が残っている。
云々。。。


[人吉城跡。[熊本県人吉市]]の続きを読む