FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2021/031234567891011121314151617181920212223242526272829302021/05

=== 案内碑より ===
和歌の説明
うらめしいことです。だれをたよりにしなさいといって
私を捨てていかれるのですか。
私のことを思うなら、はやく帰って来てください。
(八歳になる塩谷朝業の女の子)

返事
育ててくれた母もいない家の、たいせつなおまえ一人を見捨てて、
どうして帰らずにいられるだろうか。
かならず帰って来ますよ。
(塩谷朝業出家して信生法師)
云々。。。

川崎城に参る。。。 ★矢板市 その1

===
歌碑説明
~前略~
朝業(ともなり)は、文武両道にすぐれ、鎌倉幕府の3代将軍
源実朝に仕えました。また、実朝とは和歌の道を歩む
親しい主従関係でもありました。

朝業は、承久元年(西暦1219年)将軍実朝の死を期に、
実朝の霊をとむらうために出家(僧侶になること)しようと、
川崎城にもどりました。
故郷の川崎城には、すでに母を亡くしている八歳になる女の子と
七歳になる男の子がいました。

朝業は、おさない子を残して、出家することに心がゆらぎましたが、
妻の七回忌を済ませた後、出家を決意し、京都へ向かいました。

この和歌は、出家にあたって、父(朝業)と子(娘)の
断ちがたいきずなに悩む姿が歌われています。
その後、朝業が出家し、信生法師として修行の途中、
川崎城にもどったのは6年後でした。
云々。。。


川崎城に参る。。。 ★矢板市 その3 川崎城に参る。。。 ★矢板市 その2

というわけで、矢板市「川崎城跡」にやって参りました!

いきなりですが、胸がキュ~ンとせつなくなるような
なんだか悲しい内容の歌碑であります。
歌の作者は塩谷朝業(しおのやともなり)さん♪
川崎城の初代城主。

こちらは城郭内にある「星宮神社」。


川崎城に参る。。。 ★矢板市 その4

深い堀がはっきりと残されています。
郭との境とかもわかりやすい!


川崎城に参る。。。 ★矢板市 その5

こちらから本丸方向へ。。。


[川崎城に参る。。。  ★矢板市]の続きを読む
塩釜神社 ★矢板市 その2

矢板市です。
「塩竈神社 shiokama-jinja」にやって参りました♪


塩釜神社 ★矢板市 その3

塩竈と言えば宮城県の塩竈市にあります神社さんが有名ですが、
こちらも同様、塩にまつわる面白い云われがあります。


塩釜神社 ★矢板市 その4

=== 案内板より ===
塩釜神社
主祭神 塩土翁命 武甕槌命 経津主命
配神 天照皇大神 素盞嗚尊 別雷命 火具土命 少彦名命 大物主命


塩釜神社 ★矢板市 その5

神社の由来(口伝)によると、製塩に関係のある神社です。
古代には矢板市内の塩田、高塩、玉塩(現在は玉田)などに塩水が出て、
それを集めて釜で蒸発させ製塩したということです。


塩釜神社 ★矢板市 その6

そこには、現在でも須釜という地名(幸岡と館の川の境付近)が残っており、
そこに須釜社があったとつたえられています。

これが塩釜神社となり、その後現在地の西方の本社(小字名として残る)に移り、
天正8年(1580年)現在地に移転したといわれています。
云々。。。


[塩竈神社に参る。。。  ★矢板市]の続きを読む
木幡神社 矢板市 1

=== 案内板より ===
木幡神社 創建
人皇50代桓武天皇御宇延暦14年(795年)
征夷大将軍坂上田村麻呂が
山城国宇治郡(現京都府宇治市)鎮座
許波多(コハタ)神社を勧請


矢板市にある「木幡神社・きばた」にやって参りました!
堂々とした朱の鳥居をくぐり、

木幡神社 矢板市 11

「楼門」です★

木幡神社 矢板市 3

境内に入って、
「手水舎」のドラゴン君。

木幡神社 矢板市 7

そして「拝殿」。

木幡神社 矢板市 5

拝殿前にいらっしゃるのは、
おぉーっ!子ずれの「狛犬」クンです♪
鼻がひろがっちゃってて、
唇が大きいですねー。

木幡神社 矢板市 6

こちらはチッコイ方。
生意気盛りなのかな。。。

[木幡神社は許波多神社?!  矢板市★木幡神社]の続きを読む