FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2021/031234567891011121314151617181920212223242526272829302021/05

多々良沼の白鳥。[邑楽郡邑楽町]

前回、ガバ沼で白鳥を見たけれど、
もう少し近くで見てみたいなぁと。



多々良沼の白鳥。[邑楽郡邑楽町]

早朝の多々良沼、「浮島弁才天」にやって参りました。

おぉ~、いますいます☆
水面がところどころ凍っています(汗、
寒そうです~(汗、、、



多々良沼の白鳥。[邑楽郡邑楽町]

白鳥をしみじみと見る(笑。。。



[多々良沼の白鳥。[邑楽郡邑楽町]]の続きを読む
自粛要請期間中に付き、過去記事をアップしています。
ご了承ください。


篠塚伊賀守御廟。[邑楽郡邑楽町*大信寺]

邑楽郡邑楽町の「大信寺」にやって参りました。

なぜこちらのお寺さんなのかと言いますと、それは、
篠塚伊賀守重廣公 御廟」があるから!



篠塚伊賀守御廟。[邑楽郡邑楽町*大信寺]

不動明王様の後ろにある、、、



篠塚伊賀守御廟。[邑楽郡邑楽町*大信寺]

こちらです。

篠塚重広さんというのは、新田義貞さんの側近の武将で、
新田四天王の1人に数えられる方です。
栗生顕友、畑時能、由良具滋、
そして篠塚重広さんの4人だそうです☆


=== 案内板より ===
篠塚伊賀守重廣公 御廟
この御廟にある宝篋印塔には下図のように刻まれている。
智証大禅定門とは篠塚伊賀守の法名である。
暦応3年5月6日(1340年)を命日としているが伊賀守が沖之島に渡ったのが 
興国3年(1342年)を史実としているので矛盾がある。
また、この宝篋印塔は、隅飾が外側へ張り出していることから
江戸期の建立と思われる。



[篠塚伊賀守重廣公 御廟。[邑楽郡邑楽町*大信寺]]の続きを読む
自粛要請期間中に付き、過去記事をアップしています。
ご了承ください。


八幡神社。[邑楽郡邑楽町]

邑楽郡邑楽町の篠塚にある「八幡神社」です。
この辺りには昔、篠塚伊賀守重廣公の館があったと云います。



八幡神社。[邑楽郡邑楽町]

扁額には〝八幡神社〟〝八坂神社〟とあります。
合祀されているのかな?

鳥居のところにある社号標には、
~篠塚城の守護神として八幡宮を城内にまつる~
と、記されていました。



[八幡神社。[邑楽郡邑楽町]]の続きを読む
自粛要請期間中に付き、過去記事をアップしています。
ご了承ください。


細谷館跡。[邑楽郡邑楽町]

早朝の邑楽町、
細谷館跡」にやって参りました。

中世豪族の屋敷跡です。
突き当たりにお家が見えますけど何方か住んでいるのかな?



細谷館跡。[邑楽郡邑楽町]

=== 案内板より ===
細谷館跡
細谷館は南北朝時代の正平2年(1347)
新田氏の一族細谷右馬助(うまのすけ)秀国が築造、
その居館としたので右馬助館ともよばれた。
これよりさき秀国は新田義貞に従い、各地に転戦し戦功をあげた。
しかし延元3年(1338)越前国(福井県)での敗戦ののち
上野国に帰り館を営み、9代義長が天正18年(1590)8月
帰農するまで243年間在地武士の本拠となった。
遺構は東西160メートル、南北130メートルに及び、
東面する館跡入口付近より北に延びる県道沿いの塁濠は
中世豪族の屋敷構えをよく伝えている。
云々。。。



[細谷館跡。[邑楽郡邑楽町]]の続きを読む
ガバ沼の白鳥。[邑楽郡邑楽町]

そうだっ、白鳥を観に行こう!
思い立ったら吉日、
多々良沼の端っこにある「ガバ沼」にやって参りました。

いますねー、「白鳥」。



ガバ沼の白鳥。[邑楽郡邑楽町]

でも遠いっ(汗、
私のデジカメでは敵いませんっ(汗、、、

それでも、遠くに観ただけでも、
白鳥くんに逢えてヨカッタヨカッタ。
しかしなんで〝ガバ沼〟っていうんだろう?



以前の白鳥はこちらから。
多々良沼の浮島弁財天。 [邑楽町]
白鳥の沼!? #館林市

【ガバ沼】
@群馬県邑楽郡邑楽町大字鶉新田