FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
福岡市志賀島・志賀海神社。その15

前回に引き続き「志賀海神社」です。
背の高い「楼門」。カッコイイですネ。


福岡市志賀島・志賀海神社。その16

楼門の手前にある「神橋」。
紙垂が廻らされていて渡ることは出来ません。
特別な日とかに開くのかな?

そして。。。


福岡市志賀島・志賀海神社。その30

「拝殿」です。
おおー。。。


=== 案内板より ===
志賀海神社 略記
御祭神
左殿 仲津綿津神(なかつわたつみのかみ)
中殿 底津綿津見神(そこつわたつみのかみ)
右殿 表津綿津見神(うはつわたつみのかみ)

御由緒
古来、玄界灘に臨む交通の要衝として聖域視されていた志賀島に鎮座し、
「龍の都」「海神の総本社」と称えられ、海の守護神として
篤く信仰されている。
御祭神は、伊邪那岐命が筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原において
禊祓(ミソギハラヒ)をされた際に、住吉三神と共に御出現された
綿津見三神で、神裔阿曇族によって奉斎されている。


福岡市志賀島・志賀海神社。その22

御祭神が、禊祓で御出現された神であることから不浄を特に嫌い、
諸々の穢・厄・災・罪を祓い清め、また、
海の主宰神であることから水と塩を支配し、
私達の生活の豊凶をも左右する御神威を顕現されている。

当社の創建は明らかではないが、
古来、勝馬の地に表津宮・中津宮・沖津宮の三社で奉斎されていた。
2世紀(遅くとも4世紀)に表津宮(底津綿津見神)が当地勝山に遷座、
併せて仲津綿津見神・表津綿津見神が奉祀されたと伝えられる。


福岡市志賀島・志賀海神社。その23 福岡市志賀島・志賀海神社。その24
(写真はクリックで大きくなります。)

往時の社殿は壮麗で、末社375社、社領50石を有し、
奉仕する者も100数十名いたなど繁栄を極めた。
社伝には神功皇后の伝説を多く残し、元冦の役など国家の非常の際に
嚇々たる御神威を顕示されたことから、社格も貞観元年(859年)従五位上、
『延喜式』には明神大社、大正15年(1927年)には官幣小社の処遇をうけている。
云々。。。


[志賀海神社 shikaumi-jinja。Vol.2 [福岡市志賀島]]の続きを読む