FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
福岡市志賀島・金印公園。

=== 案内板より ===
金印公園
この地は後漢(現在の中国)の光武帝が奴国
(現在の福岡市を中心とする地)の使者に授けたといわれる金印(国宝)が
発見された場所としてわが国の歴史上、重要な地とされています。

印綬伝来から1900余年を経過したいま、この地に立って
博多湾、玄界灘を望みながら遠く中国大陸と交流があった当時をしのべば、
私たちの心に新たな感銘を呼びおこすでしょう。
云々。。。

福岡市志賀島・金印公園。

===
金印て何でしょう?
実物の金印は、一辺の長さが2.3cm、高さが2.2cm、重さが108.7gの
非常に小さなもので、ほぼ純金でつくられています。
天明4年(1784年)に、この公園の付近で出土したと推定されています。
中国の「後漢書」によると57年に、後漢の光武帝が、
弥生時代に福岡地方の小国であったとされる「奴国(なこく)」の王に、
この金印を与えたとされています。
現在は国宝に指定され、福岡市博物館に常設展示されています。

頭部の紐通しは、とぐろを巻いた蛇のデザインです。

福岡市志賀島・金印公園。

「漢委奴国王」と記されており、「漢ノ委ノ奴ノ国王
(かんのなのわのこくおう)」と読むのが定説です。
云々。。。


[金印公園。 [福岡市志賀島]]の続きを読む