FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
中野市・高梨氏館跡。

北からは上杉謙信さんに叩かれ、
南からは武田信玄さんにつつかれ、
当時この辺のエリアに構えていた武士たちは
さぞかし大変だったんじゃないかなー。。。

というわけでやって参りました「高梨氏館跡」。
戦国時代に活躍した武士・高梨氏の館跡です。


中野市・高梨氏館跡。

=== 案内板より ===
史跡 高梨氏館跡
高梨氏館跡は、東西約130m、南北約110mの規模で
四方に土塁と堀がめぐる、北信地方最大の中世の方形館跡です。

本館跡は、平安時代末期に始まる頼季(よりすえ)流信濃源氏の
有力武士団である高梨氏の築造によるものと推測されます。
高梨氏は、鎌倉時代から室町時代にかけて北信地方で勢力を拡大し、
室町時代後期までには中野地方を完全には支配下においたとみられ、
この勢力拡大の過程の中で、当地に本拠地を構えたものと考えられます。


中野市・高梨氏館跡。

室町時代末期、甲斐武田氏と越後上杉氏の抗争の中、
高梨氏はかねてから親交の深かった上杉氏を頼り、越後に一時退却するなどの
紆余曲折を経たのち、慶長3(1598)年に上杉氏が会津に移封されると、
共に会津へ移りました。
それに伴い館も廃館となったと考えられます。


中野市・高梨氏館跡。 中野市・高梨氏館跡。

昭和61年から平成4年にかけて実施された公園整備のための発掘調査では、
門跡1棟、磁石建物跡5棟、掘立柱建物跡7棟、庭園跡等が確認されました。
中世の方形館跡内で庭園遺構が確認されたのは、県内では唯一の事例です。
また土塁の断ち割り調査では、
土塁が少なくとも三段階の構築過程を経ていることが確認されました。


中野市・高梨氏館跡。

北信地方の武士団である高梨氏の中世の方形館跡で、庭園跡や三段階以上の
土塁の構築過程等が確認されたことは、中部地方の武士団の文化的レベルや
方形館の発掘過程を考えるうえで重要です。
云々。。。



中野市・高梨氏館跡。

===
土塁と築地塀
土塁を調査した結果、土塁の中に漆喰で固められた築地塀が埋もれていた。
このことから、土塁が造られる以前に、
築地塀が存在していたことが明らかになった。
このようなことは極めて希な例であり、
土塁で囲まれた居館の成立過程を知る貴重な資料となる。
云々。。。


[高梨氏館跡。[長野県中野市]]の続きを読む