FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

彼岸花。October. 2020 [桐生市*八木原の里]

桐生市黒保根です。
「五月橋」が見えて来ました。



彼岸花。October. 2020 [桐生市*八木原の里]

真っ赤なアーチは遠くからでも目立ちます。



彼岸花。October. 2020 [桐生市*八木原の里]

こちらは「くろほね大橋」です。
水沼駅のすぐ南です。

以前の橋はこちらから。
落合橋。[館林市]
って、今日は橋がメインではありません。

くろほね橋の手前、
ここに綺麗な彼岸花が咲いているのです♪



彼岸花。October. 2020 [桐生市*八木原の里]

彼岸花 2020!
八木原の里公園」です。


彼岸花。October. 2020 [桐生市*八木原の里]

咲いてますねー (=゚ω゚)ノ
カメラを持った方もたくさんいらしてますー。


彼岸花。October. 2020 [桐生市*八木原の里]

ちらほらと咲く彼岸花を横目に、
いやぁー、いい日だなぁー、空気もいーなー、と完全に油断していた、
次の瞬間、
私の目の前に驚愕の風景が広がったっ!((((;゚Д゚)))))))



[彼岸花 2020。 [桐生市*八木原の里]]の続きを読む
江黒古墳。[邑楽郡明和町]

=== 案内板より ===
江黒古墳
所在地 上江黒551番地
所有者 長良神社
この古墳は、径約10m、高3mの円墳である。
昭和56年に実施した周濠部分の発掘調査により、
7世紀後半のものであることが確認されている。
古墳は、3世紀末から7世紀末にかけての期間築造されている。
云々。。。



江黒古墳。[邑楽郡明和町]

というわけでやって参りました、
邑楽郡明和町にある「江黒古墳」です。

墳丘のあちこちに切り株があります (=゚ω゚)ノ



[江黒古墳。[邑楽郡明和町]]の続きを読む
中国料理 粋圓 suien。[足利市]

今夜の晩酌は「中国料理 粋圓」さんにて。
カウンター、右から2番目に陣取りました。

先ずは生ビール。粋圓さんの生はプレモルの香るエール。
軽めでポップで香りの良い生ビールです。
あ、生き返りますっ。

ビールをやっつけたら麦焼酎のソーダ割りです。
オツマミに前菜の盛り合わせをお願いしました。5点盛り。

「ほっこりかぼちゃサラダ」、「レバーコンフィ」、
「ネギぬた和え」、「焼き茄子山椒ソース」、「自家製オイルサーディン」。

これは、まさに、お酒が進んでしまう危険な盛り合わせ(笑
美味しい♪



[中国料理 粋圓 suien。September. 2020 [足利市]]の続きを読む
群馬県立歴史博物館。[高崎市]

群馬県立歴史博物館」です。
こちらは墳丘に立ち並ぶ埴輪群像のコーナーです。
常設展示だったかな?たぶん。



群馬県立歴史博物館。[高崎市]
「綿貫観音山古墳復元模型」。

=== 案内板より ===
観音山古墳
観音山古墳は、前橋台地の南端、井野川の右岸に
前方部を北北西に向けて築かれた前方後円墳です。
全長97m、高さ9.6m(後円部)の墳丘は、上段・下段の二段に造られていました。
墳丘は全て周堀の掘削土を盛って造られ、
表面には葺石はほどこされず、叩き締めた盛土が露出していました。
遺骸を葬った横穴式石室は後円部墳丘の上段に築かれており、
後円部の南西に開口していました。
そこから北10mの中段平坦面には人物埴輪の群や列が前方部に向かって続き、
さらに前方部北西側から北東側の中段平坦面には
馬形埴輪が列をなして置かれていました。
また後円部の頂部では、家形埴輪や盾や大刀などの器材埴輪、
鶏形埴輪が並べられていました。
云々。。。



群馬県立歴史博物館。[高崎市]
「祭礼場面の埴輪」。

===
埴輪群像
横穴式石室の開口部左側に置かれた人物埴輪の一群です。
祭礼(儀式)の場面を表していると考えられます。
あぐらの男子は、正座する女子と対面して置かれ、
二人とも手を合わせる仕草をしています。
皮袋の容器を持つ女子は、正座の女子の背後に立っていました。
台座に正座する小柄な三人の女子は、
そのかたわらで弦楽器をつま弾くような仕草をしています。
あぐら男子の背後には、あたかも警護するかのように靫(矢筒)を背負い、
弓を携えた男子が配置されていました。
あぐらの男子人物は、腰の鈴付太帯(石室から実物が出土)などの表現から
この中での、中心的な人物とみられ、
埴輪群は、生前もしくは死後の祭礼の場面を表していると考えられます。
云々。。。



[~墳丘に立ち並ぶ埴輪群像~。[高崎市*群馬県立歴史博物館]]の続きを読む
群馬県立歴史博物館。[高崎市]

祝 国宝決定 綿貫観音山古墳出土品。
綿貫観音山古墳のすべて」!
前回の続きであります。。。


=== 案内板より ===
渕の上1号墳
○福島県郡山市、阿武隈川左岸に所在する円墳。
墳丘は直径約20m、玄室長5.2mの横穴式石室を有する。
○玄室内から頭椎大刀、甲冑類が出土。
○甲冑類は鉄冑、鉄小札、鉄胸当などからなる。
鉄冑は国内の4例の突起付冑の内の1つ、鉄胸当は全国で3例の内の1例である。
金銅装の頭椎大刀は無畔目式の柄頭を持つ。
○綿貫観音山古墳例と類似した甲冑の出土に加え、
古墳近くの徳定遺跡からは上毛野系土器が見つかっており、
地域間交流の可能性が説かれている。
云々。。。



群馬県立歴史博物館。[高崎市]

===
埼玉将軍山古墳(国特別史跡・埼玉県行田市)
○国特別史跡・埼玉古墳群を構成する墳丘長90mの前方後円墳である。
○埋葬施設は、後円部に構築された片袖式横穴式石室である。
○築造時期は、6世紀後半。近年、6世紀中頃とする考え方が提起。
○副葬品は、武器・武具類、馬具類に渡来(外来)系要素が多数認められ、
三連三葉環頭大刀、方形板革綴の突起付冑は、それにあたる。
○馬冑や2個分の蛇行状鉄器は舶載品と推定されている。
○倭系の副葬品には挂甲(小札甲)などがある。
云々。。。



群馬県立歴史博物館。[高崎市]

群馬県立歴史博物館。[高崎市]

===
金鈴塚古墳(県史跡・千葉県木更津市)
○墳丘長約100mの前方後円墳である。
○築造時期は6世紀末である。
○埋葬施設は、後円部に構築された推定長10.3mの片袖式横穴式石室である。
○石室内には玄室手前に緑泥片岩製箱形石棺が安置され、
木棺の存在も指摘される。
○人骨・副葬品の出土状況から、3人ないし4人が埋葬される。
○副葬品は、19振の装飾付大刀や4組の馬具など、
質・量ともに東国の後期古墳を代表する内容である。
○石棺内からは、獣像系鏡、円形座金具付金銅鈴、花形飾金具・巴形飾金具、
衝角付冑、小札甲、頭椎大刀など7振の装飾付大刀、鉄鏃、馬鐸、
金銅製鈴、承盤付銅鋺などが出土している。
云々。。。



[~綿貫観音山古墳のすべて~、その2。[高崎市*群馬県立歴史博物館]]の続きを読む
群馬県立歴史博物館。[高崎市] 群馬県立歴史博物館。[高崎市]

祝 国宝決定 綿貫観音山古墳出土品。
綿貫観音山古墳のすべて」!

「群馬県立歴史博物館」です。
高崎市にある「綿貫観音山古墳」の出土品が、なんと!
国宝に指定されるのだそうです。
その出土品が一挙に公開される「綿貫観音山古墳のすべて」。
以前にも一部拝見したことがありますが、今回は国宝決定の企画展!
またと無いこの機会、ヒジョーに楽しみであります。



群馬県立歴史博物館。[高崎市]

入ってすぐに「銅水瓶(どうすいびょう)」。
案内板くんに詳しく解説してもらいましょう。


=== 案内より ===
銅水瓶(どうすいびょう)
綿貫観音山古墳 (群馬県高崎市)
国内最古の銅水瓶で、古墳出土品で、
完全な形のものとしても国内唯一の例です。頸部・胴部などに、
整形のロクロ挽きによる線状の痕跡が残ります。
底の小孔は、製作時の回転による整形に必要な芯棒を通すためのものです。
蓋の裏には落下防止用の銅板が取り付きます。
云々。。。



群馬県立歴史博物館。[高崎市]

===
銅水瓶(どうすいびょう)
近畿地方出土とされる銅製の水瓶で詳細は不明です。
綿貫観音山古墳例に比べ少し低く、細身です。
底にロクロ挽きの工具に固定するための孔をふさいだ跡があります。
水瓶は、中国では南北朝時代に仏教の供膳具に使用されました。
もとは手洗い用の水などを入れる容器でしたが、
やがて仏教の儀礼に取り入れられました。
云々。。。



群馬県立歴史博物館。[高崎市]

===
金銅半球形飾金具
綿貫観音山古墳 (群馬県高崎市)

遺体を覆っていた布に縫い付けられていた飾りと考えられ、
125個が出土しています。いずれも薄い金属板を裏側から打ち出し、
浅い円丘形にして、縁(つば)を鰐付の平縁に仕上げています。
鰐の部分には縫い付けるための小さな孔が開けられています。
云々。。。

亡き首長のために 黄金に輝くスパンコール、っていうコピーがふるっています。



群馬県立歴史博物館。[高崎市]

===
銀装刀子
綿貫観音山古墳 (群馬県高崎市)

刀子とはナイフのような小さな刀のことです。全部で5本見つかっており、
うち4本は金銅鈴付大帯の下から出土しています。
その内1本は、大帯のバックルの裏留金に銀線で取り付けられていました。
なお、朝鮮半島の百済の武寧王陵からも類似した銀装刀子が見つかっています。
云々。。。


さぁ~、どんどん行きましょう!



[~綿貫観音山古墳のすべて~。[高崎市*群馬県立歴史博物館]]の続きを読む
居酒屋 スルメ。[足利市]

今夜のディナーは「居酒屋 スルメ」さんにて。
十字路のとこ、マンションの角にある飲み屋さんです。



居酒屋 スルメ。[足利市]

カウンターの一番左に陣取ります。

先ずはミニジョッキ生。
お通しは「厚揚げの煮もの」。
気取らず、どこかホッとする、こんなお通しが好きです。



居酒屋 スルメ。[足利市]

透かさず、麦焼酎のソーダ割りを。
こちらはママさんがサービスしてくれた「ベーコンマヨ」。



[居酒屋 スルメ。September. 2020 [足利市]]の続きを読む
9月の入道雲。

今年は9月になっても暑い日が続いていて、
ついつい「疲れた~」とぼやいてしまう。

もくもくと膨らんでくる大きな「入道雲」。
コイツがひと雨降らせてくれたら少しは涼しくなるのかな。

暑い日の午後であります。。。



以前の雲はこちらから。
伊香保八景「関屋の雲」。[伊香保温泉]
夏の雲。



そば処 けやき。[道の駅 霊山たけやま*中之条町]

そうなんです、今回は日帰り(涙、、、
四万温泉を後にして、帰りに立ち寄ったのは道の駅。
そば処 けやき」さんです。 
ヨクタベルネ (=゚ω゚)ノ

縁側寄りのテーブル席に陣取ります。
ノンアルコールビールをやっつけながら、お蕎麦が出てくるのを待ちましょう。
お通しは「浅漬け」です。

前回こちらの道の駅で野菜を買って帰りましたが、
安くて美味しいんですよネー。



[そば処 けやき。[道の駅 霊山たけやま*中之条町]]の続きを読む
くれない。[中之条町*四万温泉]

四万温泉です。
うなぎの「くれない」さんでのランチタイム。
前回に続いて2回目~。
うなぎと聞いただけで心が躍ります♪



くれない。[中之条町*四万温泉]

真ん中のテーブル席に陣取りました。
先ずはエビスビール(中)。暑い日でしたから一気にやっつけ、
「いも焼酎」のロックをお願いします。



くれない。[中之条町*四万温泉]

「くれないの焼き豚」。
ジュージューいいながら、焼き豚の登場です。
厚めのカットで旨みの詰まったお肉は、
甘辛い味噌ときざみ葱との相性も良くて、めちゃくちゃ焼酎がはかどりますっ。

これ、何度見てもウケてしまう、
まるでジブリ映画のようなタイトルです(笑



[くれない。[中之条町*四万温泉]]の続きを読む
甌穴 OUKETSU。[中之条町]

=== 案内板より ===
甌穴
県の天然記念物に指定されている景勝地。
数万年もの歳月を経て、川底に沈む石が
水流によって定位置で回転することにより、
摩擦の力で開けられた穴。
大小8つの穴が点在しており、大きいもので
直径3m、深さ4mにもなる。
云々。。。



甌穴 OUKETSU。[中之条町]

中之条ダムよりさらに北上。
ついつい立ち寄ってしまう四万を代表する観光スポットです。
甌穴 OUKETSU」。



甌穴 OUKETSU。[中之条町]

マイナスイオンたっぷり♪



[甌穴 OUKETSU。September. 2020 [中之条町]]の続きを読む
四万湖 カヌーツーリング。[中之条町]

のぞき込むと吸い込まれてしまいそうなえぐれたカーブ。
「中之条ダム」です。そして「四万湖」。

そーですっ、ダムといえば湖。
湖といえば、、、
そぅ、カヌーでありますっ。



四万湖 カヌーツーリング。[中之条町]

私は今、湖の上。
「レイクウォーク四万ベース」さんの「カヌーツーリング」に参加しました。

おぉ~。。。



四万湖 カヌーツーリング。[中之条町]

カヌー、って確か千曲川以来になるんですが、
まったく忘れてますし(汗、、、

しかし、そんな私でも心配無用。
イケメン先生が丁寧に、そしてフレンドリーに教えてくれました (=゚ω゚)ノ



[四万湖 カヌーツーリング。[中之条町]]の続きを読む
炭焼 利衛門。[足利市]

ランチタイムです。
久しぶりにお邪魔してます、「炭焼 利衛門」さんです。
in 足利市。

ミニラーメンと丼モノのセットメニュー。
こちら「鶏スープラーメン」。
ミニですが、普通サイズの3/4。ミニじゃありませんネ(笑



炭焼 利衛門。[足利市]

濃厚な鶏スープ、のど越し良くて味のあるストレート麺。
生ハムにも似た食感のシャーシューですっ。



[炭焼 利衛門。September. 2020 [足利市]]の続きを読む
松本古墳9号墳。[邑楽郡邑楽町]

周辺に古墳が点在している模様です。
こちら「松本古墳群 9号墳」。
邑楽町石打の松本公園の一画にあります。

墳丘上には英霊碑。



松本古墳9号墳。[邑楽郡邑楽町]

右後方から見る。。。

特に案内もなかったので、詳しいことは分かりませんです、ハイ。



[松本古墳9号墳。[邑楽郡邑楽町]]の続きを読む
蕎麦切り 稲おか。[足利市]

2020年、9月。

いやー、暑いですっ。
汗がほとばしる毎日です。
そんな猛暑日のお昼の時間は「蕎麦切り 稲おか」さんにて。



蕎麦切り 稲おか。[足利市]

手前から2つ目のテーブル席に陣取りました。
先ずは瓶ビール。冷たいビールの1杯で生き返ります。

「板わさ」。
お蕎麦屋さんの定番メニュー。
稲おかさんちの板わさはヒジョー分厚いカットです(笑
わさび漬けorわさび醤油で。このお醤油、美味しいです。



蕎麦切り 稲おか。[足利市]

「さばの冷くんせい」。
燻製のこおばしい香り。脂も乗ってます。
しっとりとした美味しい生ハムのよう。
ビールが進むこと間違いなし (=゚ω゚)ノ



[蕎麦切り 稲おか。September. 2020 [足利市]]の続きを読む
一ノ関古墳。[伊勢崎市]

9月です。ぜんぜん暑いですっ(汗、、、
一ノ関古墳」にやって参りました。
in 伊勢崎市。

道路際にある史跡公園として整備された古墳であります。
ちょっと小さめですけど。



一ノ関古墳。[伊勢崎市]

=== 案内板より ===
一ノ関古墳
一ノ関古墳は前方後円墳で、粕川の浸食により
前方部の大半を削り取られています。現存する墳丘は全長約28mですが、
失われた前方部を合わせるとおよそ50mの古墳に復元することができます。
墳丘は2段の葺石が築かれ、その間のテラスに円筒埴輪が立てられていました。
また、下段の葺石から周堀までは約7mの基壇面が広がり、
3段築成を意識して築造されており周堀は幅約5m、
深さ約0.8mで墳丘をめぐっています。

後円部には横穴式石室が造られていて、入口を南に向けています。
墳丘からは家形埴輪や円塔埴輪が出土しています。
また、前庭付近からは須恵器の高坏なども出土しています。
築造年代は石室の構造や出土遺物から、6世紀後半と考えられます。
周辺は本関町古墳群を形成していますが、
そのほとんどが小規模な円墳であることから、
この時期の地域の中心的な人物を埋葬した古墳と考えられます。
云々。。。



[一ノ関古墳。[伊勢崎市]]の続きを読む