FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2021/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312021/06

野沢温泉 新田の湯と西宮神社 その1

新田の湯 shinden-no-yu」です♪
幕末に開拓されたと云う、比較的新しいお湯だそうです。
だから新田の湯、と呼ぶのかな?

午前中の早い時間。
当番の方でしょうか?ただ今清掃中。
やっぱりこういった地元の方たちによる日々の管理があって、
皆が温泉を楽しめるんですねー♪


野沢温泉 新田の湯と西宮神社 その2

新田の湯のちょうど裏にあるのが
西宮神社」です★


野沢温泉 新田の湯と西宮神社 その3

とても小さな神社さんですが、こちらも他の西宮神社さんと同様、
毎年11月には「えびす講」が行われているようです♪


=== 案内板より ===
西宮神社
全国のえびす神社の総本社は兵庫県西宮神社で
第1殿に西宮大神として蛭児命(ヒルコノミコト)を祀り主神としている

本社の社伝では蛭児命は西宮に漂着し「夷三郎殿」と称されて
海を司る神として祀られたという


野沢温泉 新田の湯と西宮神社 その4

その後室町時代になると七福神信仰によって
えびす様が福の神の代表となり西宮神社を本拠地として
全国に御神徳が広まり徳川幕府の頃から
御神像札の版権を得て独占的に全国に配布
益々社勢が盛大になっていった。

又、上方の商業経済の発達に伴って福の神えびす様が
商売繁盛の神として信仰されるようになったとされている


野沢温泉 新田の湯と西宮神社 その5

当西宮神社は地元で商いを業とするものをはじめ
野沢温泉に出入りする商人や地元有志の浄財により、
昭和11年秋に野沢温泉商業會の手によって現在地造営された

以降地元商工業者の守護神として祀られ
毎年11月初旬には商売繁盛を祈願してえびす講が催され
大勢の参詣者でにぎわっている
云々。。。



西宮神社さんの御祭神、蛭児命さん。
「夷三郎殿」と呼ばれていたのは知りませんでした☆
伊弉諾岐命(イザナギ)と伊弉諾美命(イザナミ)の最初の子。
骨がなくて、3年経っても立ち上がれなかったとも伝えられているようです。
不具であったため葦の舟に入れて流されてしまったそうですが。。。
西宮に漂着し「夷三郎殿」と称されるようになる。。。

う~ん、深いなぁ。。。



以前の記事はこちらから。
野沢温泉GURURI旅 その9 不動明王 [北信州・野沢温泉]

以前の西宮神社はこちらから。
続・えびす講祭りに行ってきました♪[2010]  足利市★西宮神社
えびす講祭りに行ってきました♪[2010]  桐生市★西宮神社

【西宮神社】
@長野県下高井郡野沢温泉村豊郷


大きな地図で見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する