FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2021/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312021/06

阿蘇市、阿蘇神社・楼門。その7

来ました!「阿蘇神社」でありますっ。
全国にも珍しい横参道を配置するこの神社さんは、
代々阿蘇氏が宮司を勤める、ヒジョーに深い歴史を持つ神社さんです。

正面に「楼門」がそびえ立ちます。

阿蘇市、阿蘇神社・楼門。その1 阿蘇市、阿蘇神社・楼門。その8

「神の泉」。

=== 案内板より ===
神の泉の由来
一の宮町はむかしより地下水の噴出する[清泉の町]として
知られております。とくにこの神域に湧き出ずる水は、
美味豊醇な神の泉として珍重され、不老長寿の水として
多くの人々に飲用されています。
云々。。。


阿蘇市、阿蘇神社・楼門。その12

横参道に沿ってある2つのお社。
「南門守社」と、


阿蘇市、阿蘇神社・楼門。その13

「北門守社」。

===
北門守社
阿蘇神社の参道は表横参道で南と北に夫々御門がありましたが、
この門の開閉を司り、神社の門番の役務に任ずる神として
南北の参道入り口に夫々門守の神を祀りました。
云々。。。


阿蘇市、阿蘇神社・楼門。その3

「還御門」と、


阿蘇市、阿蘇神社・楼門。その4

「神幸門」。

===
神幸門(みゆきごもん)
この門は例祭(7月28日)の日、四基の御神輿その他供奉(ぐぶ・おとも)の
行列300余人が出発の時に使用される。
したがってこの門は年に一度だけ使用の珍しい御門であり、
これは皇居の制にならったと伝へられる。
云々。。。


阿蘇市、阿蘇神社・楼門。その5

参道の周りをひと通り散策した後は、
大迫力の「楼門」であります。


阿蘇市、阿蘇神社・楼門。その11

===
楼門(ろうもん) 三間一戸 二重門 正面唐破風付 銅板葺
現在の阿蘇神社の社殿は、天保6(1835)年から10数年かけて、
細川藩が巨費を投じて三つの神殿と楼門や脇門を再建したものです。


阿蘇市、阿蘇神社・楼門。その9

この楼門は天保14(1843)年から
嘉永2(1849)年にかけて建立されました。


阿蘇市、阿蘇神社・楼門。その10

欅材を用い、規模は豪壮にして繊細な彫刻が施され、
「日本三大楼門」と称されています。
尾根は建立当初に柿葺であったものが、
大正6年に檜皮葺、昭和50年に銅板葺となっています。


阿蘇市、阿蘇神社・楼門。その14

仏教的な要素を取り入れた二重門(二層楼山門式)という建築様式は、
他の神社に例を見ない貴重なものであります。
現在は建造物として国指定重要文化財の指定を受けています。
云々。。。


阿蘇市、阿蘇神社・楼門。その6

こちらは楼門の内側に掲げれた「龍頭の額」です。

===
~前略~
楼門の竣工を記念して弘化3年に奉納されたものと傳へられています。
云々。。。

由緒ある神社さんの大楼門。
その世界観はとてもスケールが大きく、
遠い昔に導いてくれるようでもあります。

すごいなぁー。



以前の記事はこちらから。
日本一のポスト。 [阿蘇市]

【阿蘇神社・楼門】
@熊本県阿蘇市一の宮町宮地


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する