FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2021/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312021/06

吹割の滝。[沼田市]

「吹割の滝」です。
遊歩道から浮島橋を渡って、川の中州にある〝浮島〟へ。
浮島にある「浮島観音堂」です。

こちらのお堂には、金箔の観音様が安置されています。
案内によれば、なんとっ!左甚五郎さんの作なんだとか。
おぉ~。。。


=== 案内板より ===
浮島如意輪観音の由来
中央上段の木彫り(金箔塗り)の観音像が浮島如意輪観音です。
この観音像は古くから名匠左甚五郎の作と伝えられてきました。

左甚五郎は、寛永時代の日光東照宮の大造営に添棟梁(彫刻の棟梁)
として加わり、あの有名な「眠り猫」をはじめ
数千の彫刻を完成させたといわれています。
その頃、左甚五郎がこの地方を訪れたという来村説では、
時期がはっきりしていませんが、東照宮の完成(1636年)後、
甚五郎は何度目かの帰りに遊山かたがた金精峠を越えてこの村を通り、
追貝宿に一泊してこの観音像を彫ったものと思われます。
(左甚五郎一夜の作)といわれています。

これを裏付けするように、近年隣の片品村でも
立派な恵比寿様の木像と大黒様の墨絵が見つかり、
その墨絵には正保2年(1645年)左甚五郎と署名があって、
現在東小川の千明美術館に展示されています。
ご覧のとおり上品で柔和な顔立ちといい、調和のとれた美しいお姿といい、
正に名匠甚五郎ならではの観音像であります。


吹割の滝。[沼田市]

現在この観音像は金箔塗りとなっていますが、もとのお姿は白木彫りでした。
ところが明治26年或る者がこの観音像を前橋の石丸という塗師の家へ持参して
金箔塗りを依頼したまま、その後いっこうに受取に表れず、
とうとう昭和27年まで石丸家に大事に保管されていました。

その間、昭和20年8月5日の前橋大空襲の際には石丸家も全焼しましたが、
その寸前に奥さんが大切な家財と一緒に観音像をリヤカーで運び出して
間一髪で焼失をまぬかれました。
そして、同年3月大勢の人達に迎えられて村へ帰ってきたときは、
白木の筈の観音像が金箔塗りのお姿に変わっていたのです。
以後追貝の海蔵寺に仮安置されていましたが、浮島橋の開通の日、
平成2年4月26日、ようやく96年ぶりでここに安置されました。
云々。。。



平安初期に建てられたと伝わる観音堂です。
古いんですねー。



以前の記事はこちらから。
吹割の滝。October.2017 [沼田市]

【浮島観音堂】
@群馬県沼田市利根町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する