FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2021/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312021/06

宝塔山古墳。[前橋市]

前橋市にある「宝塔山古墳」です。

=== 案内板より ===
国指定史跡 宝塔山古墳推定復原図
この古墳は7世紀中頃に造られた方墳で、3段に築かれたと推定されます。
南面の中腹に開いている横穴式石室は、
石をていねいに加工して組み合わせたものです。
その内部には、仏教の影響を受けたとみられる
削りこみをもつ家形石棺があります。
また古墳の墳上部には総社領主秋山長朝はじめ歴代の墓地があります。
云々。。。



宝塔山古墳。[前橋市]

そうなんです。前回訪れた時にうっかり石室を見落としてしまった古墳。
「宝塔山古墳」です。

この古墳の石室を見て来なかったなんて、
何しに行ったのかって話なんですね~、ホント(汗、、、



宝塔山古墳。[前橋市]

ささ、反対側にまわり、こちらの石段からになります。



宝塔山古墳。[前橋市]

おおっ!
見るからに重厚感のある石室入口ではありませんかっ。



宝塔山古墳。[前橋市]

=== 案内碑より ===
史跡 宝塔山古墳
一辺の長さ約55m、墳丘高11mの規模を誇る方墳である。
この規模は方墳としては全国的にみても大きい。
主体部は墳丘基壇上に造られた横穴式石室で、羨道、前室、玄室の3室にわかれている。
石室の壁は精巧に加工した切石を使用して積み上げ、随所に切組積の手法もみられる。
特に天井石及び玄室入口の玄門の加工はみごとである。
石室の規模は、全長12.4m、玄室長3.3m、同奥幅3.02mである。
玄室には家形石棺がある。その底部は四辺ともに格狭間の形にくりぬかれ、
古墳への仏教文化の影響を物語っている。
この古墳は県内古墳の最終末期に造られたもので、
7世紀末から8世紀初頭の頃に位置づけられよう。
云々。。。



宝塔山古墳。[前橋市]

奥に石棺のある玄室、その手前に前室と呼ばれる空間があります。

この左の出っ張ってる石組と玄室までの間がそれです。



宝塔山古墳。[前橋市]

宝塔山古墳。[前橋市]

そして、とても特徴のある家形石棺。
脚のところが格狭間の形に加工されている、
仏教の影響が表れている石棺なのだそうです。



宝塔山古墳。[前橋市]

壁に残っている漆の痕。



宝塔山古墳。[前橋市]

総社古墳群の最終型、「宝塔山古墳」。
これ以降、薄葬令もあったりで、
次第に古墳造りから寺院建築へと移行して行くんですねー。

この辺の後続の方達が方光寺(山王廃寺)に携わって行くのでしょうか。
興味シンシンな時代の流れであります。。。



以前の記事はこちらから。
宝塔山古墳。[前橋市]

【宝塔山古墳】
@群馬県前橋市総社町総社

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する