FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2021/031234567891011121314151617181920212223242526272829302021/05

緊急事態宣言中に付き、過去記事をアップしています。
ご了承ください。


多胡碑。[高崎市]

高崎市です。
多胡館跡に続いてやって参りました、
多胡碑 tagohi」であります。

前回ここに来たのが2008年だから、なんと13年ぶり!
こちらの建物の中に展示されています。



多胡碑。[高崎市]

=== 案内板より ===
特別史跡 多胡碑
多胡碑は栃木県にある那須国造(なすのくにのみやつこ)碑、宮城県にある
多賀城(たがじょう)碑とともに日本三碑と呼ばれている古代の石碑である。
また高崎市の山ノ上碑、金井沢碑とともに上野三碑とも呼ばれる。
碑の高さは129センチで、吉井町南部に産出する
硬質の牛伏砂石(通称多胡石)で造られている。



多胡碑。[高崎市]

その書体は楷書体で中国の六朝風(ろくちょうふう)を遺す(のこす)と
いわれており、古くより多くの書家に愛好され、六行八十字の文字の彫りも
味わいあるものとして評価されている。

土地の人は多胡碑を「ひつじさま」と呼び信仰の対象としてまつり、
今日まで守ってきた。また、文面に見える「羊」にちなんだ「羊太夫」の伝説は、
古くから語り継がれて親しまれている。



多胡碑。[高崎市]

弁管符(べんかんふ)す。上野国の片岡郡・緑野(みどの)郡・甘良(かんら)郡
并せて三郡の内、三百戸を郡と成し、羊に給いて(たまいて)
多胡郡と成せ。和銅四年三月九日甲寅
に宣る(のる)。
左中弁(さちゅうべん)・正五位下多治比真人(しょうごいげたじひのまひと)。
太政管(だいじょうかん)・二品穂積新王(にほんほづみしんのう)、左大臣・正二位
石上尊(いしのかみのみこと)、右大臣・正二位藤原尊(ふじわらのみこと)。



多胡碑。[高崎市]

右の碑文は、和銅4(711)年の多胡郡の設置について述べたもので、
ほぼ同様の内容の記事が正史の「続日本記」和銅4年3月6日
の条にも見えている。
『続日本記』の記事によって碑文を補うと、
分割された各郡の里(郷)名がそれぞれ片岡郡山部(山名)・緑野郡武美・
甘良(甘楽)郡織裳(折茂)・韓級(辛科)・矢田・大家であることがわかる。
碑文は字数などの制約があり、『給羊』のように解釈のむずかしい語句もある。
多胡碑は当時のこの地域のありさまを今日に伝える、
全国的にも稀な石碑である。
云々。。。



=== もう1つの案内板より ===
国指定特別史跡 多胡碑
石碑には何が書かれているのかな?
朝廷の弁官局から命令があった。
上野国片岡郡・緑野郡・甘良郡の3郡から、300戸を分けて新たに郡をつくり、
に支配を任せる。
郡の名は多胡郡(たごのこおり)としなさい。
和銅4(711)年3月9日に命令が伝えられた。
左中弁・正五位下多治比真人から送られた天皇の命令書である。
太政官・二品穂積親王
左大臣・正二位石上尊
右大臣・正二位藤原尊

・多胡碑は奈良時代の711年に今の高崎市山名町と吉井町にかけて
新しく「多胡郡」という郡がつくられたことを記念して建てられた碑なんだ。
・郡の長官となった羊という人が建てたようだ。
・命令を出した4人の政府の人々の名が書かれているよ。

云々。。。


新しい郡を治めることになった羊さんの碑ですネ。
さらにこれを裏付ける遺跡が近くで発掘されていたのですっ。
次、行ってミヨウ。



以前の記事はこちらから。
多胡碑 tago-hi  ★群馬県吉井町
羊神社。[安中市]
多胡館跡。[高崎市]

【多胡碑】
@群馬県高崎市吉井町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する