FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2021/031234567891011121314151617181920212223242526272829302021/05

緊急事態宣言中に付き、過去記事をアップしています。
ご了承ください。


上野国多胡郡正倉跡。[高崎市]

高崎市です。
多胡碑から南に行って程なく。
多胡郡正倉跡」にやって参りました。



上野国多胡郡正倉跡。[高崎市]

法倉の跡と思われる場所に
礎石が配置されているだけなのですが。。。
なんとも素晴らしい遺跡なのでありますっ。


=== 案内板より ===
多胡郡正倉跡
多胡郡正倉跡は、今から1300年ほど前の
奈良時代から平安時代にかけて存在した古代多胡郡の役所跡です。
奈良時代は、律令と呼ばれる法律に基づいた中央集権的な
国家の体制が整った時代です。
この頃、地方行政は国・郡・里の3段階の単位むに編成されました。
711年(和銅4年)、この地に多胡郡が新たに設置され、
郡の役所である郡衙(郡家)も整備されました。



上野国多胡郡正倉跡。[高崎市]
多胡郡正倉跡想像画 北東上空から眺めた正倉跡

正倉とは、この郡衙の施設の1つで、高床の倉庫を建て並べ、
税として集めた米などの穀物を保管した公の倉庫群のことです。
2011年から多胡碑周辺で実施している発掘調査で、
特に注目されたのは、東西16.8m、南北7.2mの大きな建物跡です。
建物基礎となる大きな礎石が整然と並び、
屋根は希少な瓦葺だったことが調査で確認されました。
このことから、この建物跡は高台にそびえたつひときわ格式の高い倉庫
(法倉)であったと考えられます。



上野国多胡郡正倉跡。[高崎市]
多胡郡正倉跡想像画 北から見上げた法倉

付近一帯では他にも礎石建ちの正倉が発見されており、
複数が建ち並んでいたと想定されます。
これら倉庫群は南北の方位にあわせて掘られた区画溝に囲まれ、
約210m四方の敷地を有していたことも分かりました。



上野国多胡郡正倉跡。[高崎市]

正倉跡の北辺中央から真北に約350mの距離には、
多胡郡の建郡記念碑である特別史跡多胡碑が存在しています。
このことは多胡碑と正倉が計画的に配置された可能性を強く示唆しています。

古代多胡郡は、国家の形成期に国が主導して渡来人を登用し設置した
全国でも稀な郡です。
その役所跡が見つかったことは、日本古代史を理解する上で極めて重要あり、
建郡記念碑である多胡碑の歴史的価値をいっそう高めるものとして注目されます。
云々。。。



上野国多胡郡正倉跡。[高崎市]

いやー、勉強になりますっ。
多胡碑と多胡郡正倉跡。
まさに羊さんが治めていた郡なのでしょうか?

「上野国多胡郡正倉跡」、ヨカッタ~ (=゚ω゚)ノ



以前の正倉跡はこちらから。
上野国佐位郡正倉跡。[伊勢崎市]
那須官衙遺跡 nasu kaga iseki に行って来ました! ★那須郡那珂川町

以前の記事はこちらから。
移築復元古墳 2基。[高崎市*多胡碑のとこ]

【上野国多胡郡正倉跡】
@群馬県高崎市吉井町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する